gamerezon.com

教育とは、「親になる覚悟をもつこと」

小さい頃に受ける教育の影響力 親が子を育てる「教育」は、親の義務でもあり、果たすべき役割でもあります。子供の成長は親の教育の鏡であるとゆっても過言ではありません。しかし、最近では「親が子供に虐待をした」「生後間もない赤ちゃんを放棄した」などのニュースを多く目にします。なぜ、そのようなことをするのでしょうか。それには、親の意識の低さが原因の1つです。

親は子供を守る責任があります。それと同時に、親の教えは子供の心身の成長に繋がります。しかし、そのような親になる覚悟を持たずして親になってしまう人も少なくありません。私は親としての覚悟がない以上、親になる資格はないと考えます。特に、「親からの虐待」というニュースは毎年絶えず耳に入ってきます。どうして、自分の子供に虐待を行ってしまうのでしょうか。虐待をする親に共通してるのは、親自身も過去に虐待をされていたり、愛されていない記憶があることです。「虐待は繰り返される」ということがこれです。自分が充分な愛情を受けてないだけ、自分の子供にも愛情を捧げてあげれないという人は多いようです。

親になるにあたって、大事なことはやはり「親になる覚悟を持つ」ということだと考えます。実際、正しい教育というのはないのではないでしょうか。それぞれの教育の仕方は異なるからです。そのなかで、子供が自立するまで見守り、支え続けることが親の果たすべき役割であると考えます。

おすすめ!

Copyright (C)2019小さい頃に受ける教育の影響力.All rights reserved.