gamerezon.com

小さい頃に受ける教育の影響力

小さい頃に受ける教育の影響力 大人になってから思うことの一つとして、小さい頃に受けた教育というのは今でも、そしてこれからも影響があるのだなと感じることがあります。それはどういうときかというと、何気ないときに小さいときにこういうことやったな、と思い出して、それに懐かしさと新鮮さを感じたり、自分の子供を育てていくときに、自分の小さい頃はこうだった、今はこう変化したんだと感じることもあります。時代は変化していくものですので、受ける教育も変化していくのは当然であります。しかしその中で、いかに昔ながらのよさを残して、受け継いでいくかということも大切になるのかもしれません。

昔は先生に怒られたりしたときに、叩かれたり廊下に出されたりということが当然のようにありました。しかし今は、体罰に当たるということでそういうことはできません。これも時代の流れによる変化の一つではないでしょうか。もちろんどちらがいいということは断言できません。教育方針も学校や先生によっても変わりますし、各家庭によっても方針は変わることでしょう。しかし絶対の正解がないからこそ難しい部分がありますし、それで子供の成長も変化し、大人になってからも変わっていくもの、です。常に手探りをしながら、教育機関と親が方針を練っていく必要があるのかもしれません。

おすすめ!

Copyright (C)2019小さい頃に受ける教育の影響力.All rights reserved.